2007年12月10日

『宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA』第九場「独壇場」

宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA

目次

10111213目次



『宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA』目次
公式ページ「Z-Land-Bさくいん:宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA
      ■第九場「独壇場」
      ぴーよぴーよぴーよ。(ぐるぐる)

二人   えええええ。
ケンイチ なにをしてほしいんだ。ぴよちゃああん。
優子   えええい。

      優子ぐるぐるまわる。

優子   君も一緒に!
ケンイチ なんですかそれ?

      ケンイチと優子、ぐるぐるまわる。
      ぴよ。

二人   わかった!
良輔   遊んでほしいんだろ。
優子   永山さん!わかっていたならなんで言ってくれないんですか?
良輔   いや、ちょっと考え事。
優子   今、指揮を執るべき人が何やってるんですか!
ケンイチ 鶴川さん。
優子   これだけは言わせてください。
ケンイチ 鶴川さん!

      ぴよ。

優子   ケンイチ君もぴよちゃんも黙ってて!
     永山さんはねえ。昔からこうなの!
     ええ、そう。そう知り合い。だから?
     私が新人だったときの担当が永山さん。
     ねえ、永山さん。そうですよね。
     永山さんはねえ。
     大事なことは何一つ言ってはくれないの!
     そりゃ憧れました。
     仕事のできるかっこいい上司(良輔)、仕事のわからない私新人(優子)。
     かわいげがないと言われれば、かわいげを覚え。
     考えろといわれたら考え。
     褒められればそりゃあ嬉しかったさ。
     それで、ようやくお酒に連れてってもらったら「社・交・辞・令」
     勘違いさ。あー勘違いさ。
     小娘だと思ってナメやがって。
     永山さん、あなたはね。調子に乗ってるの!
     自分がデキる男だからって。認めてもらえるからって。
     答えがわかっていていつも言わない。
     配属が決まって、じゃあこれからは別の職場ですねって時にも
     「ま、クビになんないでね。」
     「ま、クビになんないでね。」ってなんですか?日本語ですか?
     それともシェイクスピアから素敵な引用ですか?
     一生懸命調べましたよシェイクスピア。
     一言もありませんよ。「ま、クビになんないでね。」
     それとも世阿弥から素敵な引用ですか?
     一生懸命調べましたよ世阿弥。
     一言もありませんよ。「ま、クビになんないでね。」
     仕事がんばるしかないじゃないですか?
     がんばりましたよあれから5年。
     激励も応援もなく、がんばりましたよ。
     やっと会えました。やっと会えた、その瞬間が「・・・どうぞ」「・・・どうも」
     って、おーーーーい!なんの他人行儀?なんだこのきまずさ。
     なんだ?ラブコメか?私はラブコメなのか?
     その答えはあなただけが知っているんですよ永山さん!
ケンイチ まとまってるようで全然まとまってない。
優子   勢いあまって何もかも話しちゃったじゃない!
ケンイチ 理不尽!

      ケンイチを威嚇した後、永山を睨む優子。
      涼しい顔で考え事を続ける永山。
      ケンイチがいっぱいいっぱいになってくる。

      ぴーよぴーよぴーよ。(おむつ)

ケンイチ おむつです。
優子   おむつよし。
ケンイチ おむつよし。
良輔   ・・・。ああ。おむつよし。

      ぴよ。ぽよよーん。

良輔   引き返せないよなあ。
優子   なんの話ですか?
ケンイチ さっきの昔話ですか?
良輔   いや、ブッチの方が近いから
     引き返せるか考えたんだが、警戒されているよなあ。
     手遅れだよなあ。
ケンイチ そのことを考えていたんですか?
良輔   いろいろだよ。はーあ。
ケンイチ (優子に)永山さんて若干天然の気がありますよね。
優子   知りません。
良輔   ケンイチ君の上司は橋本君とその上が関戸さん。鶴川君の上司は川崎君。合っているか?
ケンイチ ・・・橋本課長と、関戸部長?・・・ええ、たしか。
優子   川崎室長・・・よく、知ってますね。
良輔   関戸さんは私の先輩、橋本君は私の後輩。川崎は私と同期。
     共通点は、同じ派閥だ。
二人   ええ!?
良輔   ここ十年程度の一兵卒は基本的に副社長派。
     研究室上がりや、銀行からのお下がりの人はだいたい旧・社長派だ。
     あんまり混ざらないようになっているから気づかなかっただろう。
ケンイチ んー。部署的に・・・。
良輔   橋本君、部下と話す暇がないって関戸さんに愚痴ってるらしいな。
ケンイチ はあ、橋本さんの部下・・・僕。
良輔   鶴川君。川崎の誘い断っているだろ。
優子   それは・・・。はい。
良輔   この人脈に関わっているのがだいたい副社長派といって、
     オプティックグループ社員の約3割を占める。
     ただ、上のほうの人事としては2割にも満たない反主流だ。
     こないだまでは第二派閥だったが、今は事態が変わって第三派閥とうところかな。
ケンイチ 有機TICですか?
良輔   察しがいいな。
優子   次世代TIC。つけたまま眠れる?
ケンイチ PSNに追いつかれてしまった今、
     完全に出し抜ける虎の子の新商品ですね。
良輔   そうだ。しかし、
     さもわが社が開発したみたいに感じるが実態は違う
     3ヶ月前、各国の独立に合わせて、オプティックは細かく分社した。
     その一ヵ月後、すなわち先々月、オプティック本体は新しい社長を迎えた。
     有機TICの開発を掲げたが、決め手になる技術に遅れが目立った。
     結局、中心となる技術はその新社長が前いた会社を吸収することで解決した。
     それが先月のワイルドハーネスホライズン社吸収。
     新社長はこれにより、オプチィック内に巨大な派閥を持ったことになる。
     大きい順に旧社長こと会長派、新社長派、そして我が副社長派、あとはほそぼそ。
ケンイチ それで第三派閥ですか。それとブッチに帰るのと関係が?
良輔   ロンに行きたくないなってだけさ。
優子   降格ですか。
良輔   ああ。やだね。
     見た目上は降格はない。だが、今日説明されるのは「上が増える」って話だよ。
優子   もう昇れないってことですか?
良輔   そうだ。今度の再編で君は部長補佐くらいにはなると思う。
     だが、それで打ち止めだ。
優子   どうにもならないんですか?
良輔   いろいろあがいて、これだ。
ケンイチ どこでそんな情報を?
良輔   大きすぎる組織はこうしてバランスとってるんだ。
     同期も綿密に連絡取り合っている。だんだんこういう動きには敏感になってくるもんだよ。
     だから、君ら若い人には申し訳ないと思ってしまう。
優子   申し訳ない?
良輔   ああ、申し訳ない。
     二人とも、私の大事な友人達の部下だ。
     どんどん出世してほしかったが、・・・もうだめだ。申し訳ない。
     ロンに向かえば辞令書、ブッチに戻ろうとすればチュヲンの宇宙軍。
     行方不明になれればラクだったんだけど・・・。
     さっきの判断もやけくそだったんだ。宇宙戦艦たべて、どうにでもなれって。
ケンイチ 僕は、かまいませんよ。
良輔   え?君出世早かったのに。
ケンイチ 僕は今の仕事のままで特に異動もなく、それで会社が強くなるならそれが一番です。
     僕は開発能力はないんですが、保守能力だけは家業に懸けてピカイチなんです。
     だからずっとサーバの保守をしていたいんです。
良輔   そう思っていてもあんまり口に出すなよ。
     上に行きたいって奴の餌食になったりするんだから。
ケンイチ はあ・・・はい。でも、それが本音です。
優子   ケンイチ君は凄いと思う。プロフェッショナルだと思う。
ケンイチ ありがとうございます。その、なんていうか嬉しいです。
     できて当たり前みたいな毎日なんで、なんていうかありがとうございます。


宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA

目次

10111213目次



『宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA』目次
公式ページ「Z-Land-Bさくいん:宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA
posted by 御堂鈴音 at 19:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙戦艦ぴよぴよSOPHIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。