2007年04月26日

『宇宙戦艦ぴよぴよ 皇女の復讐』第1章第4話「イオ」

『宇宙戦艦ぴよぴよ 〜皇女の復讐〜』


   第1章『ウニ・ククドゥール』


第1話第2話第3話第4話第5話目次

第1章『ウニ・ククドゥール』

第4話「イオ」


フランソワが放送局に戻ると、おやっさんがいた。おやっさんとは、コミネ王国の王室顧問で小峰重工先々代社長である。このプロジェクトに見え隠れする伝説の職人だ。作業服の胸ポケットには新しい名札があった。いや、新しい名札はもったいないので、名札の右上に新しいマークのシールが貼られていた。
おやっさんに挨拶をすませると、編成局に促された。現場は初めてだ。
スタッフがみな得意げな顔をしている。
たくさんのモニタがあるこの編成局。その画面のほとんどに広大な青い星、木星が映っている。まるで間違い探しのゲームのように、少しづつ違う角度からの木星が映っていた。
フランソワは事態を理解した。
木星をとりまくすべての情報をここに集めている。ここで国の指揮を執りながら、ウニのサポートをしろ、と。
「私は誰に相談しながら指揮を執ればよい?」
「うに!畏れながら申し上げます」
「ども!おやっさん!」
「うに!ども!」
「ども!うに!」
「ども!あなたは副王、誰に助言を求めてもよく。ここはだれからも助言が届く場所。」
「はい」
「命令をお出しになればよい。」
「わかりました。」
「では、がんばってください」
「ありがとうございます。」
身が引き締まった。フランソワは思うままに指揮を執ることにした。
「コミネ王国副王フランソワである。本作戦の全容を誰か私に教えなさい」
メイン画面のひとつが切り替わった。そこにはカバンを持った白衣の女がいた。照明を暗くしているのか、顔はよく見えない。だが、大きく目立つ眼鏡をしていることだけはわかった。正直、賢そうだ。
「ククドゥール帝国軍技術顧問のSAYURIといいます。」
「SAYURI、私はフランソワ。貴女が全て答えてくれるのか?」
「ぴよ作戦の概要と作戦における副王の役割をお知らせします」
「ありがとう。」
SAYURIを名乗る女は別の画面を使った。
「ぴよ作戦の概要。帝国軍ぴよ艦隊により、木星圏での制宙権を獲得します。」
「・・・侵略?」
「そのとおりです。」
「わが国が侵略?」
「ええ、侵略以上のものです」
「おだやかなククドゥールがそんな」
「おだやかなククドゥールにしかできない侵略もある。それが本作戦の肝です。」
「肝?」
「ひとつ、この奇襲作戦で死者はでません。ふたつ、政治目的の軍事活動ではない」
「おっしゃる意味がわかりません」
「なにがわからないのですか?」
「侵略なのに人が死なない。戦争なのに政治目的ではない」
「そうですね。ぴよ艦隊の特徴と本当の目的を教えましょう」
「ジュニアこっこ級宇宙用戦艦、通称『宇宙戦艦ぴよぴよ』について伝えねばなりません。提督はすでに第一段階の作戦に入られましたよ。」
画面にはウニの乗ったあの、ひよこのような船が岩石を食べながら大きくなっていく映像が映っていた。湖から飛び立ったときより、はるかに大きい。
「あれが、宇宙戦艦?」
「ぴよぴよです」
「脱出ポッド型のたまごからスタートし、岩石や宇宙デブリを食べながら成長。孵化して宇宙船ぴよになります。」
「湖で見たあれ」
「そうです。あれが第一世代型ぴよです。現在、ウニ提督の乗ったぴよはさらにさまざまなものを食べて、徐々に宇宙戦艦ぴよぴよになってきています。」
「宇宙戦艦に成長・・・するの?物騒じゃない」
「宇宙戦艦ぴよぴよは相手を殺さずに食べることができます。必要ならば人員はクルーにし、不必要ならば廃棄します。」
「ひよこ・・・なの?」
「ええ。最終的にはこっこ級宇宙用母艦になります。」
「ぼ、母艦?」
「ウニ提督の乗っているぴよぴよは第一段階の作戦として、まず大きくなり、各ポイントに卵を産みつけます。」
「その卵もぴよぴよになるの?」
「そのとおりです。その卵達が育った状態からが第二段階。第二世代型ぴよを率いて木星連邦軍、並びに諸国連合軍を一網打尽にします。」
「ウニ様がそんなことを」
「ウニ提督は天才です。政治的支配に偽装したちょっとしたいたずらといっても差し支えないかと。」
「いたずらか」
「世界の命運はあの一羽のひよこにかかっています」
SAYURIがどんな人間なのかはわからないが、冗談のわかるひとなんだとフランソワは感じた。おだやかな気質のククドゥールの恐るべき一撃は、なんと敵艦をたべるひよこだった。ウニの企てた復讐はまさしく木星相手のいたずらだったのだ。

湖でウニを見送った「あの日」からたった一日。フランソワは進化を目の当たりにしていた。

『宇宙戦艦ぴよぴよ 〜皇女の復讐〜』

第1章『ウニ・ククドゥール』
第4話「イオ」→第5話「宇宙戦艦ぴよぴよ」

第1話第2話第3話第4話第5話目次

posted by 御堂鈴音 at 22:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙戦艦ぴよぴよ〜皇女の復讐〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。