2013年01月02日

GAIA服屋の考察

松下喜一
会社員。桜木コーポレーション本社資材課長という、若くして大企業管理職に就いている飾らないエリート。会社のコストダウンを担う逸材である。

育ちが良くて、人当たりがよい。地頭の良さと下準備の丁寧さが大人から一目置かれ、どんな場面でも重宝する。

ガツガツ行くタイプのサッキーと社会不適合者のマエリに早い段階で潰されたために、GAIA内ではなかなか頭角を表さず、常にグレーゾーンでいる。その分考える時間がとれたためメンバーの意見の平均を見付けることに成功している。ぴよぴよについて各自様々な見解を持っている中、一番正解に近くて分かりやすい全体像を見出していた。

時折、サッキーをしのぐ判断の速さを見せており、ミサイルを食べる、船長が必要、艦隊攻略の作戦立案など、重要なタイミングで重要な提案を通す能力と「実はこの子、できるんじゃね?」オーラについてはある意味で主人公的である。


雑談のチョイスがいまいちというのが、分かりやすい欠点である。素材マニアであるようだが、マニアらしく個人で楽しめばいいのに、玄武岩について語ろうとして却下されたりしている。むしろたまたまぼやいたナタデココの方が話題として広がっている。

そんな、裏で可愛がられる感じが服屋クオリティである。



余談だが、ぴよぴよのお片付け編である「松下使節団」では完全に主人公として抜擢されている。
posted by 御堂鈴音 at 21:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙戦艦ぴよぴよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。